製品情報

鋼管兼用型圧着ソケット®(継手部・直管部)

鋼管兼用型圧着ソケット特長

鋼管とチーズ、エルボ、ソケット等の継手部のネジ切り箇所からの漏れや、鋼管直管部のピンホールの漏れも補修することができます。
水、湯、オイル・蒸気の各流体のパイプからの漏れを止めるのに最適です。(設備稼働を止めず、不断水で配管漏水補修が可能です)

鋼管兼用型圧着ソケットの主な仕様

  • ●耐圧力:2MPa(20kgf/cm2
  • ●耐熱温度:-30°C~130°C
  • ●材質:圧着ソケット本体(外側の金属) ダクタイル鋳鉄(FCD450)
       内側のゴムパッキン 二トリルゴム(NBR)に特殊な耐熱剤を配合

鋼管兼用型圧着ソケットの主な用途

鋼管とチーズ、エルボ、ソケットなど継手のネジ切り部分からの漏水や、鋼管直管に発生したピンホールの漏水を緊急補修します。 設備稼働を止められないマンション、ホテル、病院や工場などで突発的な配管漏水の緊急補修にも圧着ソケットは威力を発揮します。(設備稼働を止めず、不断水で配管漏水補修が可能です)

圧着ソケット選定フローチャート
(圧着ソケット選定のめやす)

鋼管兼用型圧着ソケット取り付け方法

鋼管兼用型圧着ソケットの取り付け方法を動画でご紹介します。
圧着ソケットの取り付けはとても簡単なので、突発的な漏水でも緊急補修に即効対応が可能になります。

ご注意
圧着ソケットは、あくまで漏水補修用の器具ですので、パイプどうしあるいはパイプと継手をつなぐことはできません。

鋼管兼用型圧着ソケットの構造・サイズ

鋼管兼用型圧着ソケットの寸法サイズ

閉じる

  • (注1)型番のSは水・湯・オイル・蒸気のすべてに適用可、Wは水・湯・オイルのみの適用を示します。
  • (注2)65A以上のものには6角レンチとパイプハンドルが付属しています。
  • (注3)直管部のピンホールの漏れも修理できますが、できるだけ直管専用型をご使用ください。より確実な修理が可能です。
  • (注4)50A以下のバンド(つば)のついた継手ネジ切り箇所からの漏れには、マルチ継手型をご使用ください。

圧着ソケットカタログ情報はこちら(PDF)

使用方法

継手部の漏れ補修

  1. 補修する部分のサビや汚れをワイヤーブラシ等で落としてください。
    サビこぶ等の付着物はノコ刃等で確実に落とし段差部を直角に仕上げてください。
    最後にウエスできれいに拭き取ってください。
  2. パイプと継手部の段差部の上に圧着ソケットのゴムの段差をきっちり合わせて隙間のないように取り付けてください。
  3. 圧着ソケットの耳部のネジ穴に取付けボルトを差し込み、偏締めしないように均等に締め込んで漏れが止まるまで続行してください。
  4. 65A以上のものには6角レンチとパイプハンドルが付属しています。
    始めはレンチだけで締め込み、レンチの締めが重くなればパイプハンドルをレンチに差し込んで、両手で締め込んでください。

直管部の漏れ補修

  1. 圧着ソケット内面の直管押さえ部分(直径の小さい方)のみを使用します。
  2. 漏れ箇所に圧着ソケットの湾曲部の一番深い部分(中央部分)が当たるように当てがい、上と同様に4個の取付けネジを偏締めにならないように均等な力で締めてください。
  3. 65A以上のものは付属のパイプハンドルを使用して、両手で締め込んでください。

鋼管兼用型圧着ソケットで止められない漏水補修はこちら

兼用型圧着ソケットで止められない漏水は
鋼管マルチ継手型圧着ソケットがおすすめ!

鋼管兼用型圧着ソケットでは止められない漏水補修には、鋼管マルチ継手型圧着ソケットが有効です。

鋼管マルチ継手型
銅管直管専用型圧着ソケットは
銅管直管部のピンホールや、
腐食漏れ部の漏水補修におすすめ!

給湯、暖房配管等でご利用の銅管の直管部にピンホールや腐食による漏水が発生した場合、銅管直管専用型圧着ソケットなら緊急漏水補修が可能です。

鋼管直管専用型

圧着ソケット選定フローチャート
(圧着ソケット選定のめやす)

お問い合わせ

電話でのお問い合わせ06-6541-4827

FAXの送信はこちら06-6541-4826

メールでのお問い合わせ

キャンペーン特設サイトへ

INFORMATION

↑

圧着ソケットメニュー

お問い合わせ TEL:06-6541-4827 メールでのお問い合わせ

圧着ソケットラインアップ